抗酸化とは

人間が生きていく上で必要なのが酸素です。酸素を呼吸によって補いながら生きています。その酸素の一部は強い攻撃力を持った活性酸素という物質に変化します。体の中に入ってきたウイルスや細菌、カビといったものから体を守ってくれる働きをします。しかしながら、活性酸素が増えすぎてしまうと、強い攻撃力によって、健康な細胞まで攻撃し酸化させてしまいます。この酸化が体のサビとなり、肌や体の老化や病気の原因となっているのです。

 

この体の酸化を阻止しようと活性酸素を取り除き、老化や病気を予防することが抗酸化です。活性酸素が必要以上に増加する原因として、紫外線を過剰に浴びたり、喫煙やアルコールの摂取、食品添加物の摂取、ストレスなどが挙げられます。抗酸化作用を得るには、生活習慣の行いを見直すことも必要といえます。

 

また、抗酸化作用を行う栄養素をバランスよく、積極的に摂取することもおすすめです。主な栄養素としてビタミンE、ビタミンCなどのビタミン類、亜鉛やセレンといったミネラル類、また、リコピンやポリフェノール、イソフラボン、ペクチンといったものです。日常的に抗酸化作用のある食べ物を補うようにしましょう。

 

その他に、最近注目されているのが水素水です。水素は酸素と結合して水に変化させる性質をもっています。そのため、増えすぎた活性酸素と結びつき、無害の水に変化させる作用があります。水素は分子も小さく、体の隅々までにいきわたるとして人気があります。

関連ページ

酸化を食い止める抗酸化作用のある食べ物って?
老化を食い止めるには抗酸化作用の食べ物をとるのがよいといわれますが、どんな食べ物があるのでしょう。抗酸化作用がある食べ物はこちらです。
赤ワインの抗酸化力に注目!1日に飲む適量について
赤ワインに含まれるポリフェノールには体をさびさせる酸化から守る高い抗酸化の作用があります。抗酸化から体を予防するには1日の適量はどのくらいでしょうか。
抗酸化作用と老化防止
抗酸化作用という言葉が話題になっています。そもそも老化は活性酸素による体のさび付きです。老化防止(アンチエイジング)に役立つ習慣と食材
抗酸化植物栄養素とは
抗酸化植物栄養素って知っていますか?ファイトケミカルと呼ばれ摂取することで活性酵素を除去することができます。詳しく解説します。