赤ワインの抗酸化力に注目!1日に飲む適量について

赤ワインの中に含まれているポリフェノールは、高い抗酸化作用があります。
そのため、人間の体を徐々に錆びさせてしまう活性酸素の除去の働きも期待出来ます。
活性酸素自体はガンや動脈硬化の原因となる事も有る為、赤ワインのポリフェノールによってそれらの発病を抑制する効果が期
待できる仕組みです。

 

ただ、どれだけ体に良いと言われていたとしても、飲みすぎてしまうのは良くありません。
実際に飲む時は大体1日に150ml程度にしておく事になっています。
その程度に抑えておく事によって血中のアルコール濃度が高くなりすぎる事もないからです。
酒は百薬の長と言われる事も有りますが、飲みすぎてしまうと肝臓に負担を掛けてしまったりする事も有る為、結果的に病気の発生するリスクが高まってしまう事も有ります。

 

健康の維持・増進の為に赤ワインを摂取する場合は、グラスでも1杯から2杯程度にしておきます。
また、毎日飲むとどうしても肝臓に負担がかかってしまう事も有るので、週3日位のペースで飲酒します。
そうすればアルコールによって肝臓に負担を掛ける事無く健康の維持増進が出来るからです。

 

基本的に赤ワインの1日に飲む適量は150ml程度と言う事になっていますが、その変化の感じ方はその人によって違います。
特に肥満の人は適量を飲んでもあまり体の方に変化を感じられないという事も有ります。
しかし変化を感じないからと言って沢山飲みすぎると体に負担を掛けてしまう為、カロリー摂取の点から言っても毎回飲む量には注意します。

関連ページ

酸化を食い止める抗酸化作用のある食べ物って?
老化を食い止めるには抗酸化作用の食べ物をとるのがよいといわれますが、どんな食べ物があるのでしょう。抗酸化作用がある食べ物はこちらです。
抗酸化とは
しわ、たるみ、しみ、そばかすの原因だけでなく体の中から老化が進みます。老化させないためのキーワードとなるのが抗酸化です
抗酸化作用と老化防止
抗酸化作用という言葉が話題になっています。そもそも老化は活性酸素による体のさび付きです。老化防止(アンチエイジング)に役立つ習慣と食材
抗酸化植物栄養素とは
抗酸化植物栄養素って知っていますか?ファイトケミカルと呼ばれ摂取することで活性酵素を除去することができます。詳しく解説します。